うさぎ日和

今より少しだけ新しいことに興味がわく雑記ブログです!

評判のナクスル(NAXLU)は他の生ごみ処理機と何が違うの?安く買うために抑えておきたいポイントご紹介!

f:id:DwarfRabbit:20200623110159j:plain

「生ごみを早く捨てちゃいたい…」その様に考えている人は多いのではないでしょうか?

 

可燃ごみの日まで待たずに、今すぐ処理したいと考える人は多いと思います。


そんな人におすすめしたいのがご存じ「生ごみ処理機」です。

 

おそらくすでにいくつか調べている人もいると思いますが、どの種類のものを購入したらいいのか悩んでいるのではないでしょうか?

他にも、「騒音・臭い」が大丈夫なのか心配な人も多いと思います。

 

であれば、ナクスル(NAXLU)の生ごみ処理機を使ってみるのはどうでしょう?

 

生ごみのニオイや処理がたった1秒で完了します!
おまけに「騒音対策・省エネ・コンパクト」の優れものです(笑)

 

今回はそんな、ナクスル(NAXLU)の生ごみ処理機をご紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

生ごみ処理機「ナクスル」商品詳細

f:id:DwarfRabbit:20200518144739j:plain

処理方式 ハイブリット方式
最大処理電力 1~1.5kg/日
電源 AC100V(50/60Hz)
定格電力 60W
騒音レベル 30db以下(17.3db~23.2db)
商品サイズ 幅38.5×奥行43×高さ58cm
本体重量 18Kg(バイオ剤含む)
機能 ・全自動処理 ・自動節約モード搭載 ・脱臭機能 ・除湿機能

 

 

ナクスルのここがすごい!

  • 蓋を開けて入れるだけですべて全自動
  • 夜中でも使える究極の静音設計
  • 野外にも置ける邪魔になりずらいコンパクトな設計
  • ナクスルの電気代は一ヵ月60W

 

ナクスルは、他の生ごみ処理機と違い、乾燥と微生物の力(バイオ)の両方の力をかね備えたハイブリット式を採用しいます。

 

そのため、生ごみを入れるだけで後はすべて全自動で処理を可能とする生ゴミ処理機となっています。

蓋を開けて入れるだけですべて全自動

 

f:id:DwarfRabbit:20200518140330j:plain

生ゴミ処理機の蓋を開けて、中に生ごみを入れるだけですべて全自動で処理を行ってくれるため簡単に処理が可能になります。


電源ボタンを押したり、終わるのを待つ必要もなく、中のバイオ剤の微生物が生ごみを「空気」に分解してくれるため、内容物がほぼ増えることがありません。

 

そのため、基本的に取り出す必要はありません。

 

基準として中身が限界位置まで達した場合、取り出しを行いガーデニングなどの有機肥料として再利用が可能となります。

ハイブリット脱臭で臭いを徹底的に除去

f:id:DwarfRabbit:20200518140350j:plain

脱臭機能には、ハイブリット脱臭システムを採用しており、悪臭を徹底除去することが可能となります。


その除去率は99.84%と驚異的な除去が可能です。


勿論、処理中・処理後もずっとニオイは残りません。

夜中でも使える究極の静音設計

他の生ゴミ処理機の場合、多くは中のファンやモーターの音がうるさく気になる人は多いと思います。


ナクスルの生ゴミ処理機は中に攪拌(かくはん)棒が入っており、棒がゆっくりと回り、中に空気を送って生ゴミの分解を補助するため、ほぼ音が出ない設計になっています。


そのため使用する時間を気にする必要なく、夜中に使用しても問題ないわけです。

野外にも置ける邪魔になりずらいコンパクトな設計

f:id:DwarfRabbit:20200518140225j:plain

サイズ感は上記に明確なサイズを記載しましたが、イメージとしては2段のカラーボックスの1段目よりすこし大きく見積もったサイズとなっているため、コンパクトなサイズといえるでしょう。

 

雨晒しの状態でなければ野外で使用することも可能なので、「外に置きたい」という人にもおすすめの生ごみ処理機です。

【スポンサーリンク】

 

ナクスルの電気代は一ヵ月60W

基本的にコンセントは常に挿したままとなるため、なるべく電気を使わないように設計
されています。


一か月にかかる消費電力は、約60Wとなっており、家庭によっては冷蔵庫よりも電力が低くなるように設計されているため、非常に省エネ設計になっています。

こんな人におすすめ

 

おすすめな人
  • 手軽で簡単に使える
  • キッチンの生ごみのニオイが気になってどうにかしたい
  • 省エネで電気代がかからないのが欲しい
  • 静かでうるさくないのが欲しい

おすすめできない人

 

おすすめ出来ない人
  • 場所をとにかく取りたくない
  • これ以上電力をとりたくない

助成金を利用して安く購入しよう

知っている人もいると思いますが、生ゴミ処理機などは各地方自治体などで「生ごみ処理機助成金制度」という物があります。

 

そのため、助成金をもらうことが可能になります。

 

金額や制度の有無は住んでいる地域によって違いがあり、1~7万円前後の助成金を受けることが可能になります。


購入を考える人は、是非下記のサイトで自分の住んでいる場所が対象なのかを見て、ホームページで手順を確認してみてください!

全国の生ごみ処理機助成金制度│暮らしデータ 【goo 住宅・不動産】

安心の2つの保証

ここまでご紹介してきましたが万が一、返品や故障が起きた場合でも、2つの保証があるため、安心して使用することができます。

保証
  • 28日間返品返金保証
  • 1年間無償修理保証

f:id:DwarfRabbit:20200518140432j:plain

【スポンサーリンク】

 

新たな生活の一部として大活躍

f:id:DwarfRabbit:20200518141243j:plain

最近は働き方の変化によって私たちの生活の流れに大きな変化が起きていると思います。

家庭でのごみの量が以前よりも増え、毎週のゴミ出しやこれからの夏の季節を考えると生ゴミの問題は、主婦の皆さんにとって大きな問題となりえるでしょう。


生ゴミのニオイや量に悩まされているのではないでしょうか?


そんな中、生ゴミ処理機があれば毎日の生ゴミの量は確実に減らすことができ、嫌なニオイも気にする必要がなくなります。

 

是非購入を検討している人は、参考にしてみてください。