うさぎ日和

今より少しだけ新しいことに興味がわく雑記ブログです!

生ごみ処理に悩んでいる人必見!臭いを防ぐおすすめの処理の方法5選!

f:id:DwarfRabbit:20201226234903j:plain

 

皆さんは、普段生ごみの処理はどの様に対処しているでしょうか?

日々の生活の中で、生ごみは切り離して考えることが難しいため、処理やその悪臭に
悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

特に夏場を含め、生ごみを放置してしまうと、悪臭や虫が沸いて悲惨なことになります…

 

その光景は、冗談抜きで凄まじいですよね(笑)

住んでいる地域によっては、生ごみの回収が少ない地域や、出し忘れしまって、「やっべ…」となることもあると思います。

 

私もうっかり忘れてしまうことがあるため、よく経験します。(笑)

 

今回は、生ごみの臭いを防ぐ手軽な方法と、ゴミ出しを忘れてしまってもストレスなく過ごすことが出来る、おすすめの方法を5つ紹介したいと思います!

【スポンサーリンク】

 

生ごみの臭いを防ぐおすすめの方法5選

f:id:DwarfRabbit:20201227004438j:plain

牛乳パックを使う

牛乳パックに限らず、ジュースなどのパックを使って生ごみを「ぽいぽい」するだけで、そのまま捨てることが出来ます!


三角コーナーを使用している家庭はとても多いと思いますが、牛乳パックを使用することで、三角コーナーを使用する必要がなくなるため、衛生的にもキッチンの見栄えもかなり良くなります。

 

牛乳パックやジュースのパックは、中身がビニールでコーティングされているため生ごみの水分を気にすることなく、ストレスなく「ぽいぽい」することが出来ます

 

捨てるときは、パックの口をしっかり閉じれば臭いが漏れ出すこともなく、虫も沸いたりしないため、是非試してみてください!

24時間ゴミ出し可の物件に引っ越す

今まさに引っ越しを考えている人は、「24時間ゴミ出し可」の物件に引っ越すのも検討してみるのはいかがでしょうか?


引っ越す予定がない人は、あまり現実的ではないかもしれませんが、マンションなどの物件で管理人のいるような場所は、24時間ゴミ出しが可能の場所もあったりします。


自由にゴミ出しをすることが出来るため、生ごみのストレスを感じることが無くなります。

 

コストはかかるかもしれませんが、予算に余裕のある人は、検討してみてもいいかもしれません。

防臭袋を使う

ペットや赤ちゃんがいる家庭の方は、使用したことがある人も多いと思いますが、「防臭袋」がおすすめです!

 

ペットシーツや赤ちゃんのおむつの処理などをするときに、重宝する「防臭袋」ですが生ゴミにも効果は抜群です!!


特に防臭素材「BOS」を使用した防臭袋の防臭能力はむちゃくちゃ優秀です。

 

元々、医療向けに開発された袋であり、人が臭いを感じる「ニオイのメカニズム」に沿って非常に考えられた「防臭袋」になります。

是非一度試してみてください!

冷蔵庫の冷凍室で保存する

賛否が分かれるかもしれませんが、生ごみを冷凍保存するのもおすすめです。

特に、夏場などの腐敗が進みやすい季節にその真価が発揮されます。


冷凍することで、「臭い」・「虫」・「菌の繁殖」をかなり抑えることができるので、衛星的にとても良いです。

 

しかし、普段食材を入れている冷凍庫の中に、生ごみを入れるとなると気が引ける人は多いと思います。
更に、家庭用の大きな冷蔵庫を使っている人ならまだしも、一人暮らし用などの冷蔵庫を使用している人は、冷凍室のスペースに生ごみを入れる場所を確保するのも難しいことでしょう。

 

その場合、多少スペースを使用しますが、小型の「冷凍庫」を新たに設置するのもおすすめです。

 

生ゴミを保存する専用として使用することができるので、普段使用している冷蔵庫の冷凍室に入れる必要もありませんし、何よりもコスパがいいです。


オーブンレンジ一個分くらいのスペースが必要になりますが、小型の冷凍庫なので、そこまで電気代も気にならないためおすすめです。

下手にいろいろ考えるのが面倒な人は、小型の冷凍庫を一台置くと、それだけで生ごみの問題が解決できます。

生ごみ処理機を使用する

生ごみの処理方法で悩んだ時に、初めに思い浮かぶのが「生ごみ処理機」ではないでしょうか?


おそらく、気になっている人も多いと思います。

 

生ごみ処理機には、いくつか種類があり、下記の3つになります。

◆ 乾燥式

ヒーター風を利用して生ごみの水分を飛ばし、乾燥させて捨てます。
※騒音・乾燥時臭いがある

◆ バイオ式

基材(専用の土)と生ごみを混ぜて微生物の力で分解します。
※分解に時間がかかる

◆ ハイブリット式

乾燥と微生物の両方を使って生ごみを分解します。

 

それぞれ、メリット・デメリットがありますが、個人的には、「ハイブリット式」の生ごみ処理機がおすすめです。


乾燥式とバイオ式のいいところが上手く合わさっており、非常に便利です。

生ごみ処理機は、各地方自治体で助成金制度があり、助成金をもらうことが可能だったりします。

 

下記の記事に、おすすめのハイブリット式の生ごみ処理機を紹介しているので、下記の記事も一緒に参考にしてみて下さい!

 

www.rablifes.com

ちょっとした工夫でノンストレス!

f:id:DwarfRabbit:20201226234922j:plain

 

生活しているとどうしても、生ごみが出てしまうのは仕方がありません。

 

捨てるにしても可燃ごみの日まで、まだ日があったり出し忘れてしまうと、それだけ家の中で保管する時間が長くなってしまいますよね。

 

その間に、生ごみの腐敗が進み「臭い」や「虫」が発生しやすくなります。

 

よく、「捨てるときは生ごみの水分を極力落としましょう」・「手軽に作れる消臭スプレーありますよ」などの話を耳にしますが、


「正直めんどくさい…でも臭いのは嫌」(笑)


このように考えてている人も多いのではないでしょうか?


仕方がないにせよ、生ごみ用のゴミ箱に水気をとって、スプレーかけて捨てても確かにマシにはなりますが、ごみ箱を開ければ多少なりとも臭いはします。

 

少し気を抜くとすぐに「虫」が沸きます。

 

気を使って労力をかけた割に、思ったほどの効果が出なくて気を使っている分「ストレス」に感じる人も多いと思います。

勿論、何もしないより対策を行った方が間違いなく良いことは確かです。

 

しかし、ちょこっと工夫の仕方を変えてみて、そこに少しだけ「コスト」をかけてみると、今まで以上の結果を感じられるかもしれません。

 

是非今回紹介した、5つの方法を参考にして頂き、快適な生活を送ることが出来る様に、いろいろ工夫してみるのはいかがでしょうか?

 

生ごみの気にしなくてもいい、ストレスのない快適な生活を見つけていきましょう!